全国大会には北海道から沖縄まで、たくさんの小学校・中学校の子供たちが参加しています。

この元気な子供たちを育てた地域、市町をピックアップしてご紹介いたします。

12

学校名:阿久根市立大川中学校

チーム名:大川プライドRPG

≪阿久根の夕日≫ 
鹿児島県の北西部に位置する阿久根市は、南北に40㎞の海岸線を有し、東シナ海に面していることから様々な場所から綺麗な夕日を望むことが出来ます。阿久根市大川の国道3号沿い「牛之浜海岸」は県の天然記念物(名勝)に指定されており、奇岩奇礁が乱立する美しい景勝地です。江戸時代後期の史論家・儒者として知られる頼山陽がこの地を絶賛し詩に詠んでおり、特に水平線に夕日が沈んでいく様子は正に絶景です。
≪ぼんたん≫ 
今から約230年前、中国広東の商船が阿久根沖で難破し阿久根に漂着しました。これを地元の人たちが助け厚くもてなしたため、感激した商船の船長「謝文旦」がお礼として送ったものが現在の「ぼんたん」であると伝えられています。阿久根市大川地区でも生産されており、他の柑橘類では味わえないシャキシャキとした食感に爽やかな甘みが特徴です。また、このぼんたんの果皮を使用した「ぼんたん漬」は阿久根市だけでなく鹿児島の郷土菓子として親しまれています。

学校名:座間味村立座間味中学校

チーム名:Queen Zamami

那覇市から高速船で約50分、西へおよそ40kmの東シナ海に浮かぶ亜熱帯の島々『慶良間諸島』。 座間味村は、その西半分の島々からなる人口約900人の離島村です。 人が住む座間味(ざまみ)、阿嘉(あか)、慶留間(げるま)の三つの島と、数多くの無人島が作る内海は豊かなサンゴ礁が生き物をはぐぐむ海域として、2005年ラムサール条約登録地となり世界的に認められました。 初夏の満月の夜にサンゴの一斉産卵が見られる慶良間は、サンゴのふるさとと呼ばれます。

学校名:土佐清水市立清水小学校

チーム名:Twenty Five

(清水サバについて)
高知県の中でも有数の水揚げ高を誇る土佐清水漁港。大ぶりのゴマサバは「清水サバ」というブランド名で呼ばれています。潮の流れが速く餌が豊富な近海で育った「清水サバ」は身が締まり、特に秋から冬にかけてはトロのような脂が乗り一層おいしく、刺身として最高です。
(足摺岬と灯台について)
四国最南端の岬。視界270°の展望台から眺める景色は爽快です。断崖絶壁にそびえる白亜の灯台と黒潮の流れを同時に見る事が出来ます。土佐清水市の花である「椿」。毎年椿まつりを開催。今年は3月7日(日)に開催。1~2月が見頃です。

12
Topに戻る

主催:全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール実行委員会

後援:

内閣府文部科学省

共催:

TBSスポニチTBSラジオ毎日新聞

特別協力:

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

私たちは、「全国小・中学校リズムダンス ふれあいコンクール」を応援しています

キットカット JA共済 WAO マイナビ JAL NEC CASIO 小久保製氷 日本生命 竹中工務店

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

Facebook twitter

Copyright 2017 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール実行委員会 All Rights Reserved.