見出し

見出し

【自由振付曲 中学生部門】文部科学大臣賞

【自由曲 中学生部門】文部科学大臣賞

【規定曲 中学生部門】文部科学大臣賞

【規定曲 中学生部門】文部科学大臣賞

【自由振付曲 中学生部門】2位・3位

【自由曲 中学生部門】2位・3位

【規定曲 中学生部門】2位・3位

【規定曲 中学生部門】2位・3位

【自由振付曲 小学生部門】文部科学大臣賞

【自由曲 小学生部門】文部科学大臣賞

【規定曲 小学生部門】文部科学大臣賞

【規定曲 小学生部門】文部科学大臣賞

【自由振付曲 小学生部門】2位・3位

【自由曲 小学生部門】2位・3位

【規定曲 小学生部門】2位・3位

【規定曲 小学生部門】2位・3位

見出し

中学生部門

「全国大会出場・入賞」を目標に置いて授業を進めた訳ではなかったため、全国大会出場には大変驚きました。本コンクールに向けて練習を重ねていく中で、全員の振付がそろったり、個性溢れる振付が決まったりして完成度が上がっていきました。また、練習中は生徒同士で細かく振付を確認するなど主体的な学びが生まれ、生徒の成長につながりました。今回は入賞とはなりませんでしたが、他チームのレベルの高さや審査員の方々との交流を通して、今年度で閉校になる本校にとって、生徒にとって良い思い出になったと思います。このような機会を与えてくださったすべての皆様に感謝を申し上げます。

  • 滝川市立江部乙中学校
  • チーム名:江部乙中3年生
  • 大佐賀 祥 教諭

「岩手緊急事態宣言」発令。「感染症対応を行いながらできる授業はこれだ。」と感じ、初めて大会に挑戦しました。1年2組は、当初チーム編成などの話し合いで意見の違いから活動が停滞することもあった学級でした。最終的には4つの個性を持った作品を作り、応募することができました。「全国大会へ通過」に驚き、大会に参加することにとまどう生徒もいるのが実情でした。しかし、実行委員が先頭に立ち、仲間の意見を取り入れ、4チームの良さを生かした作品を完成させました。学級では、実行委員に協力し、自分たちの作品を完成させようと粘り強く取り組む姿が見られ、その成長に感心させられました。また、生徒の新たな一面を知ることができ、持っている能力に驚かされる日々でした。子どもたちにとっては、作品づくりを通して様々なことを学び、貴重な経験となったことと思います。このような場を提供していただいた大会関係者の皆様に感謝いたします。

  • 花巻市立東和中学校
  • チーム名:1年2組
  • 上野 徳子 教諭
もっと読む >>

小学生部門

これまで4年間、この子供たちと一緒にダンスに取り組んできました。昨年までは規定曲部門に参加していましたが、今年は自由振付部門に出場することに子供たちと決めました。子供たちの中に自分たちですべて振り付けを考えたいと思いが生まれていたからです。そうした前向きな気持ち、みんなで一つのものを作りたいという気持ちがとても嬉しかったです。しかし、1からダンスを創ることは本当に難しかったです。試行錯誤しながら、よりよいものを作り上げていく子供たちの姿に大きな成長を感じました。そして、全国大会出場校が発表された日、結果を見て感激のあまり涙する子供たちでした。ダンスをとおして、一つのことをみんなで成し遂げる大切さを子供たちは学ぶことができました。この経験を今後の人生に生かしてほしいと切に願っています。最後に、このコンクールを企画、運営していただいた方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

  • 村山市立袖崎小学校
  • チーム名:STEP BY STEP 12
  • 芦野 大介 教諭

19名のほとんどがダンス初心者だからこそ、振り付けの表現に個性が光り、宇賀地っ子らしさに溢れるパフォーマンスが出来上がりました!子どもたちの熱い気持ちがのった全力ダンスは、プロの群舞と同じ位感動を生むということを実感。子どもたちと共に学び、踊りと向き合った半年間はまさに宝物です!!

  • 魚沼市立宇賀地小学校
  • チーム名:宇賀地のお宝19
  • 星 優希 教諭
もっと読む >>
Topに戻る

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

twitter youtube

Copyright 2022 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール実行委員会 All Rights Reserved.