審査員

<50音順>

佐竹 康峰
佐竹 康峰(さたけ やすみね)
公益財団法人日本オペラ振興会理事長
1953年12月名古屋市生まれ 名古屋大学経済学部卒業。1976年に三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行し、経済調査・資金証券・資産運用・投資銀行・シンガポール支店など幅広い分野を経験する。2008年に東京スター銀行に移り、2014年まで取締役会長を務める。
2011年より公益財団法人日本オペラ振興会(理事長)のボランティア活動として声楽・オペラの普及と活性化に貢献している。
鈴木 寛
鈴木 寛(すずき かん)
東京大学教授、慶應義塾大学教授、前文部科学大臣補佐官
大学時代は、駒場小劇場を拠点にミュージカル劇団音楽監督として活動。当時、下北沢スズナリ劇場、こどもの城・青山円形劇場、新宿紀伊国屋劇場などでも活躍。 大学卒業後、通産省にて、東京国際映画祭、Jリーグ立ち上げなどを担当。慶應義塾大学湘南キャンパス助教授時代には、プロデュース論を教える。すずかんゼミからは、アーティスト・ミュージシャンとしてプロデビューした教え子も。 文部科学副大臣時代には、ダンスの学校必修化を実現。超党派の文化芸術振興議員連盟幹事長も務める。
TAKAHIRO
TAKAHIRO(たかひろ)
ダンサー/振付家
2006年アポロ・シアター全米放送のTVコンテスト「Show Time at the APOLLO」に出場、番組史上最高記録となる9大会連続優勝を果たし殿堂入り。09年マドンナのワールドツアーダンサーを務め、『News week Japan』誌の「世界が尊敬する日本人100人」にも選出、NY Times紙では"驚愕の表現者"と評されるなど、世界で活躍するパフォーマーとして大きな注目を浴びる。近年では、欅坂46「サイレントマジョリティー」の振付が注目され、以降欅坂46のグループ楽曲全ての振付を担当している。
その他にも、CM振付・舞台演出などダンサーの枠にとどまらず活動の幅を広げている。
田代 和正
田代 和正(たしろ かずまさ)
全日本中学校長会 教育情報部長
昭和60年から東京都公立中学校の保健体育教諭を務め、その間、全日本教職員ハンドボール選手権に東京教員の選手として7回全国大会に出場。その後、あきる野市立東中学校長、小笠原村立母島中学校長、調布市立第七中学校長を歴任し、現在、調布市立第六中学校長として勤務。また、全日本中学校長会教育情報部長をはじめ、全国的な学力調査に関する専門家委員(文部科学省)、全国体力・運動能力、運動習慣等調査検討委員(スポーツ庁)、日本学校保健会理事等の役職に就く。
種村 明頼
種村 明頼(たねむら あきより)
全国連合小学校長会 会長
東京都の公立小学校で教諭を務めた後、西東京市、東村山市教育委員会指導主事、東京都教職員研修センター統括指導主事などを経て、杉並区教育委員会指導室長、東京都教育庁指導部主任指導主事、東京都教職員研修センター専門教育向上課長、西東京市立けやき小学校長を歴任し、現在は、新宿区立西戸山小学校長。
教諭時代は小学校体育におけるリズムを大切にした運動の重要性を認識し、その要素を取り入れた体育授業を表現運動の領域のみならず、心がけて指導していた。
永岡 桂子
永岡 桂子(ながおか けいこ)
衆議院議員 文部科学副大臣
昭和28年生まれ。昭和51年 学習院大学卒業。
平成17年衆議院総選挙において茨城7区より出馬。衆議院議員初当選(現在当選5回)。
これまでに衆議院文部科学委員長、厚生労働副大臣、農林水産大臣政務官、自民党内閣第一部会長・消費者問題調査会事務局長・国会対策副委員長・母子寡婦福祉対策議員連盟会長等を歴任。
平成30年10月より文部科学副大臣を務める。
座右の銘「一期一会」
趣味 音楽鑑賞、ドライブ
丹羽 秀樹
丹羽 秀樹(にわ ひでき)
衆議院議員 前文部科学副大臣
愛知6区選出、当選5回。
昭和47年生まれ。玉川大学卒業。在学中、元内閣総理大臣海部俊樹事務所で学ぶ。
2005年9月第44回衆議院議員選挙で初当選後、自民党幼児教育推進プロジェクトチーム幹事、自民党国会対策副委員長、自民党青年局次長、文部科学大臣政務官などのキャリアを積み、2014年9月より文部科学副大臣を務める。2017年8月より現職(2回目)
座右の銘は「無信不立」。趣味は、読書・登山・アーチェリー・ 将棋・茶道。
橋本 聖子
橋本 聖子(はしもと せいこ)
参議院議員 日本オリンピック委員会副会長
1964年、北海道生まれ。3歳からスケートを始め、冬季オリンピック・サラエボ大会を皮切りに、冬季大会(スピードスケート)4回、夏季大会(自転車競技)3回、あわせて7回のオリンピックに出場する。
1995年、参議院議員自由民主党比例区代表に初当選、現在4期目。北海道開発総括政務次官、参議院文教科学委員長、外務副大臣、参議院自由民主党政策審議会会長等歴任。現在、参議院自由民主党議員会長。
当選以来、スポーツを通じた国際交流、建物環境の向上、教育問題、子育て支援、バリアフリーの街づくり等に精力的に取り組んできた。ワールドワイドに活躍する毎日だが、プライベートでは、三男三女の母親でもある。座右の銘は、細心大胆。
HASE
HASE(はせ)
プロダンサー・東京学芸大こども未来研究所研究員
ダンスチーム Repoll:FX リーダー。チームとして世界的なダンスコンテストで受賞し、ダンサーとしての能力を認められ、アーティストの振付、PV出演やドラマのダンス監修、各種ダンスコンテスト・ダンスバトル審査員、ダンスコンテスト主催などダンスシーンで活躍。ヨーロッパにて海外公演を行うなど、日本だけでなく、世界をまたにかけ活動している。また、教員養成大学を卒業し、小・中・高の教員免許を持つプロダンサーとして学校教育現場での活動も精力的に行い『ストリートダンスと学校教育』の在り方を研究、東京学芸大こども未来研究所の研究員に就任。
松田 恵示
松田 恵示(まつだ けいじ)
東京学芸大学副学長
専攻は、社会学(スポーツ、教育、文化)。教育支援人材の育成やスポーツ教育の開発を通じて、家庭教育、学校教育、社会教育の連携・協働について実践的に研究・推進するとともに、「遊び学」を提唱し産学協同研究を積極的に行なっている。文部科学省生涯学習調査官(〜2012年度)、東京都不登校・中途退学対策検討委員会委員長(2015年度)、中央教育審議会専門委員(2016年度)、NPO法人東京学芸大こども未来研究所理事長(〜2016年度)、などを歴任。現在は、文部科学省国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議委員、日本体育・スポーツ政策学会理事・事務局長、日本子ども社会学会将来構想委員、日本体育科教育学会理事など。
村田 芳子
村田 芳子(むらた よしこ)
平成国際大学教授 スポーツ健康学部 学部長、筑波大学名誉教授
静岡県生まれ。東京教育大学(現筑波大学)大学院体育学研究科修士課程修了。筑波大学附属中学校、三重大学教育学部、岡山大学教育学部を経て、2000年より筑波大学体育系に着任し、2016年3月に定年退職。2017年4月から平成国際大学に新設のスポーツ健康学部の学部長としてスタート。専門は舞踊教育学、ダンス学習指導法の研究。1998年及び2008年学習指導要領作成協力委員(文科省)。現在、(公社)日本女子体育連盟顧問、舞踊学会常務理事、(公財)日本スポーツ協会監事、(公財)スポーツ安全協会副会長など。
恵 俊彰
恵 俊彰(めぐみ としあき)
タレント
1964年12月21日 鹿児島市生まれ
株式会社ワタナベエンターテインメント所属
1989年、石塚英彦氏とお笑いコンビ「ホンジャマカ」を結成。
現在は、TBS系情報ワイド番組「ひるおび!」(2009年~)、BS日テレ「挑戦へのエール Challenge Stories Next」(2016年~)の司会や、東京FM「東京海上日動Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~」(2015年~)のパーソナリティを務める。
俳優としても活躍中で、NHK大河ドラマ「毛利元就」(1997年)やTBS「サラリーマン金太郎」シリーズ(1999年‐2004年)、TBS「下町ロケット」(2017年、2018年)等に出演。
TBS月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行」シリーズ(2016年‐2017年)では主演を務める。
司会・タレント・俳優と幅広いフィールドで活躍中。
恵 俊彰
ゆりやんレトリィバァ
芸人
1990年11月1日 生まれ。奈良県出身。関西大学文学部卒。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
「女芸人No.1決定戦 THE W」の初代女王。
大学時代はストリートダンスサークルに所属するなど、ダンスが特技。
第4回から「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」の大会サポーターをつとめる。
Topに戻る

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

Facebook twitter

Copyright 2018 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール実行委員会 All Rights Reserved.